TOPへ戻る

口腔がん検診

口腔がんについて

ご存知ですか?
お口の中にも「がん」ができることを。

口腔内にはさまざまな病気が生じます。いわゆる口内炎から内科的な病気に関連した病気、そしてがんも発生します。 なかなか治らない口内炎や舌炎、それはお口のがんかもしれません。
口腔がんは、早期発見できれば、お口の機能を維持したまま治療し良好な予後が期待できます。

この機会に是非、口腔がん検診を受けてみませんか?

当院の口腔がん検診 担当医
自治医科大学歯科口腔外科学講座元教授:神部 芳則

患者様へのメッセージ

口腔内にはいわゆる口内炎をはじめ、さまざまな疾患が生じます。
この中でも舌がんや歯肉がんなどの口腔がんは近年増加傾向にあります。口腔がんが生じると会話や食事などの口の機能に障害を及ぼすようになり、さらには生命にも影響することもあります。

そのため、口腔がんも他のがんと同様に早期発見が大変重要です。
口腔は直接目で見えるところであり、口腔内の検診に際してはほとんど負担にはなりません。まず、口腔内をよく観察し、指で触って硬さなどを確認します。

エックス線写真の撮影や、必要があれば粘膜の表面を綿棒でこすったり、一部を切除し細胞を顕微鏡で検査します。
通常みられる口内炎の他、口腔内にはがんに移行しやすい病気や内科的な全身の病気の初発症状なども生じます。
ぜひ定期的に口腔内の検診を受けましょう。

神部元教授の紹介を詳しく見る

口腔がんとは?

口の中に発生する悪性新生物の全体のことを指します。
新生物とは、正常な細胞が持っている制御機構を逸脱し、正常組織との協調を欠き、過剰な増殖を続ける異常な細胞集団です。どの組織から発生したかによって癌腫と肉腫に分類されます。

日本では肺がんや胃がん、大腸がんなどに比べて頻度は高くないが、患者は増加しています。東南アジアを中心に世界的には5、6番目に多いがんです。

口腔がんの特徴

・がん全体の1〜2%
・80%以上ががん腫(扁平上皮がん)
・男性:女性 = 2:1
・60〜80代に好発
・口腔がんの罹患者数は増加している(30年前の約3倍)

口腔がんの症状

・外向性:腫瘤状に盛り上がる
・内向性:しこりが強い
・表在性:白斑、紅斑

口腔がんの発症要因

1. 口腔がんは遺伝子病

2. 遺伝子を障害する因子
①物理因子:機械的刺激(尖った歯、義歯、歯科補綴物)
②化学因子:タバコ、酒
③生物因子:ウイルス(パピローマウイルス、EBウイルス)
④習慣因子:食生活、熱い食事、噛みタバコなど
⑤遺伝因子:がん抑制遺伝子
⑥年齢因子:高齢者、長い間遺伝子の変異が蓄積

口腔がんの種類

舌がん
舌がん(舌潰瘍)

舌アフタ(ベーチェット病)

舌白板症

口腔癌視診型分類

内向型

膨隆型

潰瘍型

外向型

肉茅型

乳頭型

白坂型

口腔ガン検診について

口腔がん検診とは

お口の中できる"口腔がん"をご存知でしょうか。
日本では毎年3,000人を超える方が口腔がんによって命を落としています。
「ただの口内炎だと思っていた」
「痛みがないので放っておいた」

などの理由から発見が遅れた結果、手遅れになることもあります。

口腔がんは発見が遅れると患部を大幅に切除する必要があり、そういった場合は食べることや発音、発声にも障害が残ってしまうことがあります。

しかし、早期発見・治療できれば切除範囲はごくわずかのため、発音や発声の障害も軽度で済みます。 このように口腔がんは早期の発見が非常に重要です。
口腔がん検診では、患者さんのお口の中を隅々までチェックします。

口腔がん検診の検査方法

検査方法は、視診・触診、病理検査、画像診断の3つになります。
当院での検診内容は、問診・視診・触診・レントゲン撮影・口腔内写真撮影等を必要に応じて行います。

1、視診・触診

口腔がんは、目で見て触れることができる部分に発症します。
視診では、粘膜が白くなったり赤味を帯びたりしているところや潰瘍がないかを、触診では、指で触れてしこりや盛り上がっているところがないかなどを詳しく調べます。

口腔がんの場合、首のリンパ節への転移の可能性があるため、頸部の触診も行います。
蛍光観察装置は粘膜の異常を見つけるための安全な観察方法です。口腔粘膜に特殊な光を照射することによって病変を発見することができます。

2、病理検査

①細胞診

視診・触診を行った結果、がんが疑われる部位の表面組織を綿棒でこすり取り、顕微鏡でがん細胞であるかどうかを調べ、がん細胞の種類、悪性度などの判定を行います。

②組織診(生検)

より診断を確実にするために、麻酔をして異常がみられる部位を小さく切り取り、病理検査を行う(生検)場合もあります。

3、画像検査

①X線撮影

歯科用の口内法撮影とパノラマX線撮影を行います。口内法はフィルムを口の中に入れ、一部の歯と歯周組織を撮影するのに対し、パノラマX線撮影は全体を撮影するもので、歯肉がんが骨に浸潤していないか、転移がないかを調べることができます。

②CT検査

X線を照射し、体内の断層像を3次元で確認することができます。口腔がんの検査では、コーンビーム方式という撮影法で、座った姿勢で照射ができるデンタルCTが多く用いられます。腫瘍の位置や大きさの確認、がんである場合はどのような治療法がよいか判断するときに役立ちます。

口腔がんの予防

一次予防(ならないようにする)

1. 禁煙
2. 過度の飲酒を控える
3. 口腔環境の改善、虫歯の治療、口の中はきれいにする、義歯や歯科修復・補綴物の調整
4. 唾液分泌低下の改善
5. その他:がん既往、ウイルス感染など

二次予防(検診システム)

1. 一般歯科医師への教育・啓発
2. 口腔がん検診の確立
3. 病診連携

がんに移行する可能性のある病変

口腔潜在的悪性疾患とはかつて、前癌病変、前癌状態と言われた病変でした。2017年に口腔潜在悪性疾患とWHOに分類されました。経過中にがんに変化する可能性がある病変のひとつです。そのがん化率は1〜5%と言われています。

口腔潜在的悪性疾患とは

口腔潜在的悪性疾患とは、がんになりやすい病変や状態を指す疾患のことです。主な例を紹介します。

  • 紅板白板症
  • 白板症
  • 紅板症
  • 口腔粘膜下線維症
  • 先天性角化不全症
  • 無煙タバコ角化症
  • リバーススモーキング関連口蓋病変
  • 慢性カンジダ症
  • 扁平苔癬
  • 円板状エリテマトーデス
  • 梅毒性舌炎
  • 日光性角化症(口唇のみ)

元教授による口腔がん検診

自治医科大学歯科口腔外科学講座元教授:神部 芳則

略歴

神奈川歯科大学歯学部 卒業
東京医科歯科大学大学院(医学部機能学系生化学)修了 医学博士
東京医科歯科大学医学部生化学教室 助手
自治医科大学歯科口腔外科レジデント
自治医科大学歯科口腔外科病院 助手
カリフォルニア州立大学フレズノ校研究員
神奈川歯科大学放射線学教室 講師
自治医科大学歯科口腔外科学講座 講師
自治医科大学歯科口腔外科学講座 助教授
自治医科大学歯科口腔外科学講座 准教授
自治医科大学歯科口腔外科学講座 教授
国際医療福祉大病院教授歯科口腔外科
神奈川歯科大学客員 教授
自治医科大学医学部 非常勤講師
北海道大学歯学部 非常勤講師
関東信越厚生局栃木事務所保険 指導医
厚生労働省薬事・食品衛生審議会
副作用・感染等被害判定第1部会 委員
日本体育大学医療専門学校 非常勤講師
栃木県立衛生福祉大学校 非常勤講師

資格

日本口腔外科学会専門医 指導医
日本口腔診断学会認定医 指導医
日本口腔内科学会専門医 指導医
日本歯科放射線学会指導医
日本有病者歯科医療学会専門医 指導医

所属学会

日本口腔内科学会(理事)
日本口腔診断学会(理事)
日本口腔外科学会(代議員)
日本有病者歯科医療学会(代議員)
日本画像医学会(評議員)
日本歯科薬物療法学会(代議員)
日本口腔科学会
日本口腔腫瘍学会
日本歯科放射線学会
日本頭頚部癌学会
International Association for Dental Research
American Academy of Oral Medicine
Asian Association of Oral and Maxillofacial Surgeons

書籍

・図説 皮膚病診療の実際 社団法人地域医療振興協会 地域医療外科系連合会
・診断力てすと第3集 デンタルダイヤモンド社
・開業医が診る口腔粘膜疾患診断から対応まで デンタルダイヤモンド社
・血液内科ゴールデンハンドブック第 1版 南江堂
・日常臨床に役立つ全身疾患関連の口腔粘膜病変 医療文化社
・内科で出会う見たみで探す皮膚疾患アトラス 羊土社
・皮膚科フォトクリニックシリーズ 誤診されている皮膚疾患 メディカルビュー社
・がん患者さんの口腔ケアをはじめましょう 学建書院
・はじめましょう摂食・燕下障害のVF検査 学建書院
・はじめましょう有病者の口腔ケア一歯科衛生士のためのチェックポイント 学建書院
・よくわかる歯科用薬剤ガイド症例別処方プログラム デンタルダイヤモンド社
・科学的根拠に基づく抗血栓療法患者の抜歯に関するガイドライン 学術社
・ロ腔カンジダ症薬物療法の指針一治療とケアに役立つ基礎と臨床一 医歯薬出版
・ロ腔内科学第1版 永末書店
・臨床家のための口腔粘膜疾患Check Point 医歯薬出版
・血液内科ゴールデンハンドブック 改訂第2版 南江堂
・逃げない!攻める!皮膚科救急テキ入ト 文光堂
・ロ腔内科学第1版修正第2刷 永末書店
・皮膚外科基本テキスト 文光堂
・WHAT'S NEW in臨床皮膚科学2018-2019 メディカルレビュー社
・臨床家のための口腔疾患カラーアトラス 医歯薬出版
・臨床家のための口腔疾患診断トレーニングブック 医歯薬出版
・カラーアトラス皮膚症状110症例でみる内科疾患 日本医事新報出版局
・皮膚科トラブル対応テキスト 文光堂
・クイズで学ぶ口腔疾患 123 デンタルダイヤモンド社
・ロ腔外科のレベルアップ&ヒント デンタルダイヤモンド社
・エビデンスに基づくスキンケアQ&A新しい皮膚科治療へのアプローチ 中山書店
・歯科臨床画像診断のチェックポイント 医歯薬出版
・臨床で遭遇する口腔粘膜疾患に強くなる本 クインテッセンス出版
・ロ腔内科学第2版 永末書店
・ロ腔粘膜・皮膚症状から見抜く全身疾患オラドローム・デルマドローム 南江堂
・開業歯科医のための小外科手術Check Point 医歯薬出版

その他の出版物

・ロ腔に生じる水疱症 病態、治療、および口腔管理の実際 歯界展望
・ロ腔粘膜疾患を診る。治す。診断・治療への適切なアプローチ Dental Diamond
・粘膜用外用薬をどう使うか? 最新外用薬治療戦略私はこうしている MB Derma増大号No132
・病気を知ろう;ビスフォスフォネート製剤による顎骨壊死について 自治医科大学附属病院だより
・臨床家のための口腔粘膜疾患Check Point 第1回ー第18回 歯界展望
・命の現場から奮闘中!病院歯科の歯科衛生士 第1回第ー第4回 デンタルハイジーン
・口内炎 実地内科医を訪れる他科の疾患の日常臨床と対処法 していいこと、してわるいこと Medical Practice
・放射線化学治療による口腔粘膜炎に対するプラチ・ナノテクトの疼痛緩和 効果 歯界展望
・臨床家のための外科小手術Check Point 第1回ー第12回 歯界展望
・ロ内炎、舌炎、口腔潰瘍が治らない!特集皮膚疾患が治らない皮膚科医が教える次の一手 medicina
・病院に勤務する歯科衛生士の1日 デンタルハイジーン
・オラドローム ロ腔粘膜でわかる内科疾患 皮膚病変でみる内科疾患 週刊日本医事新報
・血液疾患を見逃さないために 歯界展望
・薬剤関連口内炎 口腔疾患と慢性炎症別冊BIO Clinica 慢性炎症と疾患 北隆館
・性感染症と口腔粘膜 歯界展望
・臨床家のための画像診断Check Point 第1回一第20回 歯界展望
・口腔粘膜のみかた 特集:フレッシャーズ特集たった7つの質問でわかる、皮膚科の問診術Visual Dermatology
・健康は口からはじまる こんな症状には要注意!口腔に出る病気の「サイン」 ヘルシスト
・頭で知る、心でとらえるヒトと病 第1回~第7回 デンタルハイジーン
・ロ腔所見から考える救急疾患 救急外来で役に立つ皮膚診療の極意 レジデント
・見て読んでナットク!口腔内・機能に影響がある"くすり"のこと デンタルハイジーン
・特別な部位への外用療法 MB Derma
・がん治療に伴う口腔粘膜炎に対するエピシルロ腔用液の臨床効果について 歯界展望
・口腔の機能を守る専門家として、かがやけ新人歯科衛生土Essay from Dentist力を合わせてその先に デンタルハイジーン

講演

・ロ腔粘膜疾患と口腔ケア第7ー15回口腔ケア研修会 地域社会振興財団
・口腔粘膜に生じる自己免疫性水疱症 さいたま水疱症カンファレンス
・全身疾患に関連した口腔粘膜疾患 神奈川歯科大学同窓会栃木県支部学術講演会
・全身疾患に関連した口腔粘膜疾患 神奈川歯科大学11回生30周年記念同窓会
・開業医が診る口腔粘膜疾患ー診断から対応までー鹿児島県保険医協会歯科研究会
・ロ腔にびらんを生じる疾患の診断と治療 第3回熊本口腔粘膜疾患研究会
・当科における口腔癌放射線治療の現状と口腔乾燥に対する対応 第9回Oral Medicine and IVR 研究会
・ロ腔粘膜疾患への対応 ~軟晉、含嗽の使い方~ 35回日本歯科薬物療法学会学術大会
・ロ腔内科学の立場からみた水疱症治療の工夫、注意点 ー皮膚科医と歯科医の連携ー 第38回水疱症研究会
・Oral Potentially Malignant Disorders(OPMDs)ってどんな病気?平成29年度神奈川県歯科医師会・ロ腔外科 学術集会
・ロ腔粘膜疾患「オラ・ドローム」ーお口は全身の鏡ですー 口腔粘膜疾患診断スキルアップセミナー 京都歯科医師会
・口腔粘膜疾患のチェックポイントから有病者の口腔ケア 中国・四国歯科医学会・第56回広島県歯科医学会
・ロ腔粘膜疾患のチェックポイント・最近の話題 神奈川歯科大学東北連合支部 講演会
・ロ内炎 NHK Eテレチョイス@病気になったとき
・知ってほしい、歯周病と糖尿病の密接な関係 令和2年芳賀郡市医師会学術講演会
・口腔がんってどんな病気?~予防・早期発見するために~令和2年小山歯科医師会市民公開講座
・歯科衛生士のための口腔粘膜疾患の見方 栃木県歯科衛生士会

メディア情報

治療費

神部元教授による診療となります。また、口腔がん検診は自費診療となります。

口腔がん検診初回 ¥22,000
口腔がん定期検診 ¥11,000
細胞診 ¥6,600

口腔がん検診の受付可能日

診療時間
午前診療
10:00 ~ 13:30
- - - - - -
午後診療
15:00 ~ 17:00
- - - - - -

治療の説明

各自由診療の概要説明です。詳細は別ページに準備しておりますのでご覧ください。

歯周病

治療内容 GTRという歯周組織の再生を促す治療法を行う場合がある
また、エムドゲインという吸収されてしまった部分に直接、歯周組織の再生を促す薬剤を塗布する治療法を行う場合がある
費用 再生療法/歯肉移植 1歯あたり ¥88,000
リスク移植した自家骨または、人工骨が歯肉の縫合の裂開により感染することがある

審美歯科

治療内容 口元に「美しさ」をプラスする治療法
費用 ジルコニア:¥143,000〜¥165,000
ラミネートベニア:¥143,000
リスクセラミックの破折、色調の再現に限界があります

インプラント

治療内容 欠損部分に人工歯を取り付ける治療法
費用 ¥341,000〜¥495,000
リスクインプラント周囲炎の可能性があるためメンテナンスが必要

予防歯科(PMTC)

治療内容 専用機器を用いた歯のクリーニング
費用全顎 ¥13,200
リスクまれにしみる症状が出ることがございます

ホワイトニング

 
治療内容 気になる歯の着色を白くする治療
費用 ホームホワイトニング ¥22,000
オフィスホワイトニング ¥26,400
ウォーキングブリーチ ¥55,000
リスク場合によっては後戻り・知覚過敏になる可能性があります